季節別の美白ケアの方法やポイント〜夏編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜夏編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜夏編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜夏編〜季節別にみてみると、美白のために気を付けたい季節は特にでしょう。

 

暑い日差しが降り注ぐ夏は、紫外線の量も多くなるため、シミやくすみなどの原因になるメラニンが作られやすい時期です。いかにして夏を乗り越えるかが、美白ケアもとい美白維持のカギにもなります。

 

ここでは、夏の美白ケアのポイントをご紹介します。

 

ポイント@紫外線対策を徹底的に

夏は紫外線量が圧倒的に多い季節です。近年は天気予報とともに、紫外線情報もテレビなどで流れていますから、その紫外線量を参考に対策を行いましょう。

 

日焼け止めクリームは必須アイテムです。晴れの日はもちろんですが、曇りの日でも紫外線は出ているため、外出する際には必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

紫外線対策レベルは低めのものが肌にやさしいです。こまめに塗るようにすることで、1日中紫外線から肌を守れます。また、日焼け止めクリーム以外にもUVカット仕様のアームウォーマーなどのアイテムも活用していきましょう。

 

ポイントA帰宅後は日焼け止めクリームを洗い流して美白ケア

日焼け止めクリームは紫外線対策に必須ですが、肌に塗ることで少なからず負担をかけます。そのクリームを落とさないと汚れとなって、肌に蓄積して、かえって肌トラブルを招いてしまうので、帰宅後はきれいに洗い流してください

 

そして紫外線を浴びている肌をいたわり、美白ケアを施しましょう。

 

ポイントB野菜でインナー美白ケア

紫外線が多く美白ケアを徹底したい夏にこそ、食生活を見直して、取り入れたい食べ物があります。「にんじん」「トマト」「ゴーヤ」などの野菜がおすすめです。

 

にんじんはカロテンという成分を豊富に含んでいます。このカロテンには、継続的に摂取することにより、シミが薄くなる効果が期待できます。とくににんじんの皮の部分に多く含まれるため、調理して食べるようにするといいでしょう。

 

次に、夏野菜のトマトには、リコピンという有用成分が豊富に含まれています。赤い色素成分であり、健康効果も高いことで注目されています。リコピンには優れた抗酸化作用があるため、酸化を防ぐことにより美白によく、総合的に美肌に良いとされています。エイジングケアにもなりますし、ダイエット成分としても注目されています。

 

そして、ゴーヤはビタミンCが圧倒的に多い野菜になります。さらに抗酸化成分であるシトルリンも含んでおり、含有する栄養素が美白ケアになります。

 

夏は、紫外線対策を徹底しつつ、食生活も見直して、体の内側と外側の両面から美白ケアを行いましょう。

美白サプリメント ランキング

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、本気で美白を目指す女性の強い味方、”医薬品”になります。美白に良い成分をたっぷりと配合。ビタミンCやL-システインなどの成分が体内から美肌をサポート。

 

しかも、シミだけでなく、多くの女性が悩まされる小ジワにも効く、国内で唯一の医薬品になっています。ビタミンCなどのほかにも多数の成分を配合し、プラス22種類の成分が美肌をサポートします。

 

価格 ¥1,980
成分 ビタミンC、L-システイン、22種類の有効成分

 

公式サイトへ

ポーラのインナーロック

大手化粧品メーカーから登場。ポーラのインナーロックは、ポーラ独自の特許取得成分をはじめ、美白に嬉しい成分を贅沢にブレンド。メロングリソディンというオリジナル美白成分が体の中から白い美肌をサポートし、シミなどが気になり始めた全世代の女性を応援

 

他にも、ブランノールEXやビタミンC、ビタミンEなどの有用成分を配合しています。

 

価格 ¥6,480
成分 メロングリソディン、ブランノールEX、ビタミンC、ビタミンE

 

公式サイトへ

マスターホワイト

マスターホワイトは、透明感のある美白サポートに良い成分をギュッと凝縮したサプリメントです。

 

美白成分の定番、L-システインやアスタキサンチン、プロテオグリカン、他にも16種類の成分を贅沢にブレンド。これらの有効成分が相乗し、シミなどの気になるトラブルから暗い印象の顔色改善をサポートします。

 

価格 ¥6,480
成分 L-システイン、プロテオグリカン、アスタキサンチン、16種類の有効成分

 

公式サイトへ

▲TOP