季節別の美白ケアの方法やポイント〜冬編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜冬編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜冬編〜

季節別の美白ケアの方法やポイント〜冬編〜美白に限ったことではありませんが、正しいスキンケアでは、「季節別にケアの方法を変える」こともコツになります。

 

一般的に年中同じケアをしている方も多いですが、季節別にスキンケアの方法を変えていくことによって、より肌をいたわることができるため、キレイな素肌を目指せるのです。

 

透明感のある色白肌を目指している女性のために、今回は『冬』の美白ケアの方法とポイントをご紹介します。

 

ポイント@しっかりと保湿する!乾燥は肌の大敵

冬は外気や気温の関係から、とにかく肌が乾燥いしやすい時期です。空気が乾燥するように、肌も水分が奪われます。肌の乾燥は美容の大敵。乾燥はシワや肌荒れなどのトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

乾燥対策、保湿ケアはぜったい必須!冬は保湿性の高い乳液やクリームを使いましょう。空調なども乾燥のもとになるので、部屋の空気そのものが乾燥しないように対策するのも大切です。加湿するようにしましょう。

 

ポイントA夏に受けた紫外線ダメージのケア

夏は日差しと紫外線が強く、日焼け止めをしても紫外線を受けることがあります。こうして受けた紫外線ダメージは、冬にあらわれます。夏に作られたメラニンが時間経過とともに冬に肌にあらわれ、それが黒ずみを作り出して肌全体がくすんでしまいます。

 

美白化粧品を使用し、メラニンを消すようにスキンケアを行いましょう。また、体内ケアも大切です。ビタミンCやリコピン、アスタキサンチンなどの美白成分を補うと効果的です。

 

ポイントB血行促進ケア

冬になると体が冷えますよね。冷えによって血管が収縮し、血行が悪くなりがちな季節です。とくにもともと冷え性など血行が悪い方は状態が悪化するかもしれません。

 

血行が悪いと肌代謝のターンオーバーが乱れ、古い角質によって肌のくすみを引き起こしてしまいます。それを防ぐためにも、血行促進ケアが必要です。お風呂にゆったりと浸かり、マッサージや適度な運動を習慣にすると血行が促進されます。

 

以上3つのポイントを重点にして、冬の美白ケアを行ってみましょう。

 

秋・冬も紫外線対策をしよう!

暑い夏が過ぎると、日差しが弱まるので、紫外線対策もしなくなってしまいませんか。

 

しかし、夏だけが紫外線が放出されている季節ではありません。

 

実際には年中通して、紫外線は出ています

 

そのため、気を抜いて夏が終わったころから紫外線対策をしないでいると、その間に紫外線ダメージが肌に負担をかけ、メラニンが生成して、肌に黒ずみやシミ、くすみなどの美白とは程遠い状態を招いてしまいます。

 

夏の暑い日はもちろん、曇りの日も、秋から春先も、外出される際は紫外線対策を行うべきです。日焼け止めクリームを使用し、UVカット仕様のパーカーやアームウォーマーなどのアイテムも取り入れてみましょう。

 

紫外線対策と美白ケアを平行して行うことが、本気の美白ケアに重要です。

美白サプリメント ランキング

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、本気で美白を目指す女性の強い味方、”医薬品”になります。美白に良い成分をたっぷりと配合。ビタミンCやL-システインなどの成分が体内から美肌をサポート。

 

しかも、シミだけでなく、多くの女性が悩まされる小ジワにも効く、国内で唯一の医薬品になっています。ビタミンCなどのほかにも多数の成分を配合し、プラス22種類の成分が美肌をサポートします。

 

価格 ¥1,980
成分 ビタミンC、L-システイン、22種類の有効成分

 

公式サイトへ

ポーラのインナーロック

大手化粧品メーカーから登場。ポーラのインナーロックは、ポーラ独自の特許取得成分をはじめ、美白に嬉しい成分を贅沢にブレンド。メロングリソディンというオリジナル美白成分が体の中から白い美肌をサポートし、シミなどが気になり始めた全世代の女性を応援

 

他にも、ブランノールEXやビタミンC、ビタミンEなどの有用成分を配合しています。

 

価格 ¥6,480
成分 メロングリソディン、ブランノールEX、ビタミンC、ビタミンE

 

公式サイトへ

マスターホワイト

マスターホワイトは、透明感のある美白サポートに良い成分をギュッと凝縮したサプリメントです。

 

美白成分の定番、L-システインやアスタキサンチン、プロテオグリカン、他にも16種類の成分を贅沢にブレンド。これらの有効成分が相乗し、シミなどの気になるトラブルから暗い印象の顔色改善をサポートします。

 

価格 ¥6,480
成分 L-システイン、プロテオグリカン、アスタキサンチン、16種類の有効成分

 

公式サイトへ

▲TOP