肌が黄色くなる原因

肌が黄色くなる原因

肌が黄色くなる原因

肌が黄色くなる原因肌の色に悩んでいる人は少なくありません。皆さんはどのような悩みを抱えていますか。

 

シミやくすみなどの黒っぽい肌の色、黒ずみのような色合いのほかに、「まるで黄ばんでいるかのような肌」の色に悩んでいる人も少なくありません。

 

ではなぜ、肌が黄色っぽくなってしまうのでしょうか?病気が原因で肌の色に変化が起こることもあるのですが、一般的に食生活が関係していると言われています。

 

黒ずみもそうですが、普段食べているものによって、肌の色合いが悪くなることがあります。

 

肌を黄色くする食べ物と栄養素 〜カロチンの摂りすぎに注意!〜

美白を目指すのなら、食生活も見直すべきです。肌が黄色っぽくなる主な原因は、普段の食生活にあり!

 

肌は食べ物に含まれる栄養の影響を受けやすく、黄色っぽくなのるのは「カロチン」という栄養素が関係していると言われています

 

カロチンとは自然由来の色素英文の一種であり、カロチン自体がオレンジ系の色味を出す成分になっています。そのため、カロチンを摂取することにより、肌も同様に、黄色ぽくなると考えられています。

 

表皮などの肌の表面に沈着することで、肌全体が黄色っぽくなります。とくに角質層が厚い部分、たとえば手のひらや足の裏におこりやすいとされています。

 

そしてカロチンの摂りすぎが続くことで、角質層が薄い部分などにも影響が出てしまいます。カロチンは主に、「みかん、カボチャ、マンゴー、とうもろこし、すいか、ホウレン草、おくら、海苔」といった食品に含まれています。緑黄色野菜に多いのが特徴的な栄養素になっています。

 

ただここで気を付けたいのが、極端にカロチンを控える行為です。カロチンも体に必要な栄養素になっています。健康のためになり、美容にも良いものです。

 

肌が黄色くなるのは、あくまで「過剰摂取」した場合に限ります。したがって、カロチンを偏って摂らないようにするだけでOKです。バランスよく栄養が摂れる食生活に整えましょう。

美白サプリメント ランキング

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、本気で美白を目指す女性の強い味方、”医薬品”になります。美白に良い成分をたっぷりと配合。ビタミンCやL-システインなどの成分が体内から美肌をサポート。

 

しかも、シミだけでなく、多くの女性が悩まされる小ジワにも効く、国内で唯一の医薬品になっています。ビタミンCなどのほかにも多数の成分を配合し、プラス22種類の成分が美肌をサポートします。

 

価格 ¥1,980
成分 ビタミンC、L-システイン、22種類の有効成分

 

公式サイトへ

ポーラのインナーロック

大手化粧品メーカーから登場。ポーラのインナーロックは、ポーラ独自の特許取得成分をはじめ、美白に嬉しい成分を贅沢にブレンド。メロングリソディンというオリジナル美白成分が体の中から白い美肌をサポートし、シミなどが気になり始めた全世代の女性を応援

 

他にも、ブランノールEXやビタミンC、ビタミンEなどの有用成分を配合しています。

 

価格 ¥6,480
成分 メロングリソディン、ブランノールEX、ビタミンC、ビタミンE

 

公式サイトへ

マスターホワイト

マスターホワイトは、透明感のある美白サポートに良い成分をギュッと凝縮したサプリメントです。

 

美白成分の定番、L-システインやアスタキサンチン、プロテオグリカン、他にも16種類の成分を贅沢にブレンド。これらの有効成分が相乗し、シミなどの気になるトラブルから暗い印象の顔色改善をサポートします。

 

価格 ¥6,480
成分 L-システイン、プロテオグリカン、アスタキサンチン、16種類の有効成分

 

公式サイトへ

▲TOP